1. HOME
  2. SERVICE
  3. 機密文書廃棄

DISPOSAL機密文書廃棄(iSS-BOX®)

オフィスをもっとスマートに

不要になった機密書類を手軽で安全に廃棄するサービスです。使い方はiSS-BOX®に書類を投入するだけ。書類が満杯に近くなると、センサーが検知し、お客様にかわって、iSS-BOX®が回収者に自動で引取りを依頼します。もちろんセキュリティも万全です。
iSS-BOX®は株式会社NTTロジスコの登録商標です。

サービスの特長 SERVICE

ssbox02

廃棄書類を投入するだけ

ホチキスやゼムクリップがついたままの書類もそのまま投入可能。投入口は約3cmで一般的なコピー用紙なら300枚程度を一度に投入できます

notice

回収者に自動通知

書類が一定量に達すると重さを自動検知して、回収者へ自動通知されるので、廃棄依頼の手間がかかりません

ssbox03

一度の回収が大容量で経済的

大量の書類を一度に50kgまで回収できるので、配送のコストを抑えることができ経済的です

ssbox04

セキュリティ便

書類の回収は専用車両でお伺いします。BOX内に格納された回収袋を確実に施錠・回収し、他の荷物が混載することなく廃棄処理施設まで運搬します

ssbox05

廃棄証明書発行

セキュリティが確保された施設で破砕・溶解処理します。その後、機密書類滅却証明書を発行し、お客様にお届けします

ssbox06

リサイクル

機密文書/機密書類を破砕溶解処理後の紙原料は、リサイクル製品として生まれ変わります

仕組み DEVICE

廃棄した機密文書の重量検知機能により満杯間近での回収が可能となり、回収回数が削減され、回収コストを削減できます。

ss-box_shikumi

処理コストの削減 COST

iSS-BOX®の導入で、シュレッダー使用時に発生する費用(シュレッダー機器購入費用・メンテナンス費用・ゴミ袋購入費用他)だけでなく、作業人件費(クリップ・ホチキス除去時間、シュレッダー裁断時間、ゴミ袋取替時の掃除時間他)も大幅に削減できます。

ss-box_cost