寺田倉庫、若手アーティスト支援企画“Future Artists Tokyo”に協賛

寺田倉庫(東京都品川区 代表取締役:中野 善壽)は、一般社団法人 アート東京(東京都港区 代表理事:來住 尚彦、以下:「アート東京」)が主催する、国内の主要な教育機関と連携しながら次世代のアートシーンを育て発信していく企画“Future Artists Tokyo”に協賛します。

“Future Artists Tokyo”は、若手アーティスト・キュレーター支援を目的として創設されたプロジェクトです。寺田倉庫は、これまでも若手アーティスト支援のため”TERRADA Art Award”を主催し、その発展型としてアート東京とタッグを組み、“Asian Art Award supported by Warehouse TERRADA”に特別協賛してまいりました。そうした取り組みを行っていく中、寺田倉庫は、未来の日本発のアートシーンを広げていくためには、全国の芸術系大学で学んでいる次世代の若手アーティスト人材・キュレーター人材に実践的な場を提供し、国際的なステージへのネットワーク構築に寄与することこそが重要であると考え、この度の “Future Artists Tokyo 2019”(以下:FAT2019)協賛に至りました。本プロジェクトはこれまで寺田倉庫が関与してきたアートアワードの実績を踏まえ、より一層若い才能を発掘し、支援することを目的としています。

今回のFAT2019企画には全国の芸術系19大学から45名が参加します。展覧会コンセプト作成から作品選考、そして会場展示までを指揮するのは、同大学の中から編成されたキュレーターチームです。全国各地の大学がそれぞれの大学・学部の垣根を超え、学生同士の交流を通して、新たな刺激が生まれる場を創出します。FAT2019展は、日本最大級の国際的なアート見本市「アートフェア東京2019」(2019年3月7日~10日:東京国際フォーラム)の入場無料のパブリックエリアであるロビーギャラリーで開催し、AFTサテライトイベントとしてFAT2019連携企画展を寺田倉庫 T-ART HALL(2019年3月5日~10日:天王洲)で開催します。
この展覧会から、未来の日本を担うアーティストやキュレーターが生まれるかもしれません。

Future Artists Tokyo概要

名 称:Future Artists Tokyo 2019
主 催:一般社団法人 アート東京
企画協力:Future Artists Tokyo 展協力委員会
(東京藝術大学・筑波大学・女子美術大学・東京造形大学・多摩美術大学・武蔵野美術大学)
協 賛:寺田倉庫
参加大学:19 大学
愛知県立芸術大学(愛知県)、秋田公立美術大学(秋田県)、尾道市立大学(広島県)、金沢美術
工芸大学(石川県)、九州産業大学(福岡県)、京都市立芸術大学(京都府)、佐賀大学(佐賀
県)、女子美術大学(東京都)、多摩美術大学(東京都)、筑波大学(茨城県)、東京藝術大学(東
京都)、東京造形大学(東京都)、東北芸術工科大学(山形県)、常葉大学(静岡県)、名古屋造形
大学(愛知県)、日本大学芸術学部(東京都)、武蔵野美術大学(東京都)、広島市立大学(広島
県)、横浜美術大学(神奈川県) (五十音順)
後 援:愛知県・秋田県・山形県・茨城県・神奈川県・石川県・京都府・広島県・福岡県・佐賀県・静岡県(申請中)
※beyond 2020 プログラム 認証事業

寺田倉庫について

社    名:寺田倉庫(Warehouse TERRADA)
代 表 者:代表取締役 中野 善壽
所 在 地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:http://www.terrada.co.jp/ja/
報道関係者からの問い合わせ先:pr@terrada.co.jp

OTHER NEWS その他のニュース

  • TOP
  • NEWS
  • 寺田倉庫、若手アーティスト支援企画“Future Artists Tokyo”に協賛