寺田倉庫、一般財団法人KIBOWが運営する社会投資ファンド2号を通して奨学金プラットフォームサービスを展開するSCHOL株式会社に資金を提供

寺田倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役社長:寺田航平)は、2019年より一般財団法人KIBOW(東京都千代田区 代表理事:堀義人、以下KIBOW)が運営する社会投資ファンドの活動に組合員として参画しております。この度、KIBOWが運営する「KIBOW社会投資ファンド2号」を通じて、奨学金関連サービスを提供する株式会社SCHOL(スカラ)(東京都千代田区 代表取締役:松原良輔、以下SCHOL)に資金を提供する運びとなりましたのでお知らせいたします。

SCHOLは、夢を諦めなくていい社会を作り出す奨学金プラットフォーム「SCHOL」を構築し、奨学金の受給を目指す学生と奨学金提供団体の双方を支援する事業を展開しています。新型コロナウイルス感染拡大後、学生を取り巻く環境が大きく変化し多様な奨学金の普及が求められる中、奨学金提供団体向けのシステム開発を加速し、より多くの奨学金の運営を促進します。また、返済不要の給付型奨学金を拡大させ、その情報が学生たちに届く情報サイトを充実させることで夢を諦めなくていい社会の実現を目指します。当社は、これに共感し、「KIBOW社会投資ファンド2号」を通して資金提供を行う運びとなりました。詳細は以下をご確認ください。

SCHOLが目指す社会とインパクト・モデル

 

 

 

【株式会社SCHOLについて】

社      名:株式会社SCHOL
事業内容:奨学金提供団体向けの支援ならびに奨学生向けの情報提供
代 表 者 :代表取締役・創業者 松原良輔
所 在 地 :東京都千代田区富士見町一丁目3番11号 富士見ディープレックスB’s 4階
設      立:2019年3月
U  R  L  : https://schol.co.jp

【一般財団法人KIBOWについて】

東日本大震災の3日後に始動した救援・復興支援プロジェクト「Project KIBOW」は、「希望」と「Rainbow」から命名しました。長期的に被災地を支援していきたいという思いから、2012年2月に一般財団法人化し、以下3つを軸に活動しています。
①「場」の提供(イベント)
被災地各地で、地域の復興を願う人たちが集まる「場」を作っています。地域の内外のリーダーたちが集まり、交流を生むイベントを定期的に開催しています。
②寄付
これまで、約1400名以上の方々にご協力いただき集めた資金、約1億円(2015年8月現在)を、被災地で活動しているNPOや各地のリーダー達に提供しています。
③社会的インパクト投資(KIBOW社会投資)
被災地に限定せず、「社会を変える」志を持った社会起業家たちに投資し、事業の規模化を支援します。

http://kibowproject.jp

寺田倉庫

社 名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)
代表者:代表取締役社長 寺田 航平
所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:http://www.terrada.co.jp
報道関係者からの問い合わせ先:pr@terrada.co.jp

OTHER NEWS その他のニュース

  • TOP
  • NEWS
  • 寺田倉庫、一般財団法人KIBOWが運営する社会投資ファンド2号を通して奨学金プラットフォームサービスを展開するSCHOL株式会社に資金を提供