アートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」、 青と赤にフォーカスした自主企画展を2022年7月13日(水)より開催

WHAT CAFE EXHIBITION -BLUE & RED-

寺田倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役社長:寺田航平)が運営するアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE(ワットカフェ)」は、2022年7月13日(水)から7月31日(日)まで「WHAT CAFE EXHIBITION -BLUE & RED-」展を開催いたします。

【開催概要】

美術において色彩は作品にさまざまな意味を与え、鑑賞する人の心を動かすなど、重要な役割を担っています。本展では光の三原色と色の三原色*の双方に含まれている原色「青」と「赤」にフォーカスし、この2つの原色を巧みに用いるアーティスト10組をWHAT CAFEがセレクト、カラー別の展示空間を構成します。日本画の岩絵具の輝き、深みのある油画の色合い、水彩や色鉛筆による馴染み深く落ち着いた色調、そして鮮烈なアクリル絵具の発色等、若手アーティストが挑戦する豊かな色彩表現をお楽しみいただけます。なお会期中には、出展アーティストによるライブペイントやアーティストトークなどのイベントも予定しています。詳細はWHAT CAFE公式サイトおよびSNSなどで随時お知らせします。
*色の三原色における青はシアン(Cyan)、赤はマゼンタ(Magenta)を指しています

タイトル:WHAT CAFE EXHIBITION
サブタイトル:BLUE & RED
展示期間:2022年7月13日(水)~7月31日(日)
※会期中、展示の入れ替えや貸出イベントなどで休館することがあります。詳しい営業日は公式サイトをご覧ください
営業時間:11:00 ~ 21:00(最終日は17:00閉館)
※通常18時閉館のところ、2022年9月下旬までの期間、21時まで営業します。終了日は公式サイトにてお知らせします
会場:WHAT CAFE(〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-11)
入場料:無料
出展アーティスト(敬称略・五十音順):浅井うね、ayaka nakamura、大沢愛、新直子、竹内由美、寺岡香織、根ノ木あさみ、ますだ美砂、村上生太郎、U-ku
URL:https://cafe.warehouseofart.org/exhibition/500
※感染症拡大防止の観点により開催中止・一部内容や時間が変更になる場合があります

村上生太郎「ラナンキュラスとユーカリ」

U-ku「Conflict No.7」

ayaka nakamura 「thinking about you # Red」

浅井うね「INCEPTION GRADATION BLUE」

【WHAT CAFEについて】

日本のアート業界の未来を担うアーティストによる現代アート作品を展示・販売する施設です。800㎡もの広々とした空間と明るさが特長です。会期ごとにすべての作品を入れ替えることで、数多くのアーティストに作品披露、販売の機会を創出、また、来訪者には常に新しいアートと出会える場を提供します。さらに展示内容と連動したワークショップやイベント、アートファン同士の交流会などを開催。アートを五感で楽しみ体験できる空間です。また、カフェスペースでは、アートに囲まれながらお食事やお飲み物を楽しむことができます。

https://cafe.warehouseofart.org

展示作品及びWHAT CAFEに関するお問い合わせ

寺田倉庫 WHAT CAFEチーム E-MAIL:what_cafe@terrada.co.jp

寺田倉庫

社 名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)
代表者:代表取締役社長 寺田航平
所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:https://www.terrada.co.jp

OTHER NEWS その他のニュース

  • TOP
  • NEWS
  • アートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」、 青と赤にフォーカスした自主企画展を2022年7月13日(水)より開催