寺田倉庫のアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」、 「Exhibition by WHAT CAFE in association with 4 Galleries -CROSSROADS-」展を開催

寺田倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役社長:寺田航平)が運営するアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE(ワットカフェ)」は、2022年3月5日(土)から3月23日(水)までの期間、「Exhibition by WHAT CAFE in association with 4 Galleries -CROSSROADS-」展を開催いたします。

WHAT CAFEは、アート業界の未来を担うアーティストの支援を目的とした芸術文化発信施設です。ギャラリーとカフェが融合するアート空間は800㎡におよび、お食事やお飲み物を楽しみながら、アート作品を鑑賞・購入することが可能です。

このたびの展覧会は、WHAT CAFEの活動に対し、SH GALLERY、biscuit gallery、Bohemian’s Guild by
Natsume-Books、WHYNOT & Cube in Cube という4軒のギャラリーに共感いただいたことから実現しました。WHAT CAFEの展示空間を「CROSSROADS(十字路)」に例え、東京を拠点に新しいギャラリーのあり方を追求する4軒のギャラリーの活動と、チャレンジングな作品に取り組む23名のアーティストを紹介します。同時に、35歳以下のアーティストによる平面作品という共通点がありながら、各ギャラリーの個性もお楽しみいただける展示構成を予定しています。

当社は、美術品保管を主軸に、美術品修復・梱包・輸配送・展示など、芸術家の情熱や美術品に込められた価値を未来に受け継ぐためのサポート事業を広く発展させてまいりました。また、現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT MUSEUM」・画材ラボ「PIGMENT TOKYO」・日本最大級のギャラリーコンプレックス「TERRADA ART COMPLEX」などの芸術文化発信施設の運営を通じて、天王洲をアートの一大拠点にするための街づくりに取り組んでおります。WHAT CAFEは今後も、アーティスト・コレクター・ギャラリーなど、現代アートの主たるステークホルダーをはじめ、より広いアートファン層に開かれた展示公開を行うための場を創出し、日本のアート市場の活性化を目指してまいります。

【開催概要】

タイトル:Exhibition by WHAT CAFE in association with 4 Galleries
サブタイトル:CROSSROADS
企画協力:SH GALLERY、biscuit gallery、Bohemian’s Guild by Natsume-Books、WHYNOT & Cube in Cube
展示期間:2022年3月5日(土)~3月23日(水)
営業時間:11:00 ~ 18:00(最終日は17:00閉館)
※3月16日(水)は休館、3月15日(火)、17日(木)はカフェのみの営業となります
※上記以外に展示の入れ替えや貸出イベントなどで休館することがあります。詳しい営業日は公式サイトをご覧ください
※感染症拡大防止の観点により開催中止・一部内容や時間が変更になる場合があります
会場 :WHAT CAFE(〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-11)
入場料:無料
出展アーティスト:
SH GALLERY:小林浩、ノ・ジュン(Noh Jun)、キム・ドヒ(Dohee Kim)
biscuit gallery:國分莉佐子、齊藤拓未、永田優美、那須佐和子、布田葉太郎、ミノリ、山田美優
Bohemian’s Guild by Natsume-Books:長谷川彩織、大西茅布、杉山愛姫、原ナビィ、海老原イェニ、杉山日向子、坂本那々莉
WHYNOT & Cube in Cube:KAZUSA MATSUYAMA、Dunkwell、鈴木秀尚、髙屋永遠、AKI TSUKAMOTO、NAZE(敬称略)
URL:https://cafe.warehouseofart.org/exhibition/496

小林浩「Clouds over the bay(3)」

永田優美「Rain」

長谷川彩織「迷子の風景No99」

髙屋永遠「永日」

■出展ギャラリーについて
SH GALLERY https://www.shartproject.com
2015年に銀座にオープンしたSH GALLERYは、専属アーティストである、Backside works. 、仲衿香、山口真人、小泉遼を中心に、多様な現代アーティストの作品を紹介し、サポート、プロモーションしております。 また、「アートフェア東京」をはじめ、多くのアートフェアに参加し、現代アーティストの作品をご紹介しております。当ギャラリーは、2021年5月にストリートカルチャーの中心地である原宿に移転いたしました。さまざまな文化が行き交う場所で既存のアートギャラリーの枠を超えて、これまで以上に意欲的な展示を開催しております。今後も世界を舞台に革新的なアーティストを支援し、プロモーションしていきます。

biscuit gallery https://biscuitgallery.com
2021年の3月に渋谷の松濤にオープンしたコマーシャルギャラリーです。松濤文化村ストリートの路面に構えるビル1棟を擁し、ギャラリーはビルの1階から3階の3フロアで構成。国内の美術館、ギャラリーでは初の採用となる新世代照明システムを導入し、平面、立体、映像、インスタレーションなど、多様な展示方式に対応できる設計を実現。合計100㎡を超える展示フロアは、複数作家による同時個展や、作家、批評家によるトークイベント、アートコレクターの座談会など、多目的に活用されています。また、ビル内には他に、多くの作品を保管するストレージルームや滞在制作を行う場所も用意するなど、若手アーティストの活動をサポートしています。

Bohemian’s Guild by Natsume-Books https://www.bohemiansguild.com
ボヘミアンズ・ギルドは、本の街・神田神保町にある古書店。1924年、東京・池袋にて夏目書房として設立。古書店として90年以上続き、近年は特に戦後美術や現代美術に力を入れギャラリースペースを展開。稀覯本から現代アートまで幅広く取り扱い、絵画、版画をはじめ、限定本、初版本などの稀覯本、自筆物など芸術や文化に実際に触れることができます。また、常設展として1点の作品に焦点を当てた「蒐集壱藝」を企画。本の街である神保町から文化を発信するオークション「Tokyo Culture Auction」主催。

WHYNOT & Cube in Cube https://whynot.tokyo
2019年、祐天寺にオープンしたアーティスト・ラン・スペース兼ギャラリーWHYNOT.TOKYOでは、国内外のアーティスト、キュレーター、研究者などと協働で企画展、研究成果発表展などを開催しています。日常的にアートに触れられる機会を街の中に創りながら、美術に携わる人同士でのコレクティブのようなあり方を模索しています。今回は、プロデューサー・小倉正裕によるプロジェクトベースのギャラリー『Cube in Cube』とのコラボレーションとなっています。

【WHAT CAFEについて】

日本のアート業界の未来を担うアーティストによる現代アート作品を展示・販売する施設です。800㎡もの広々とした空間と明るさが特長です。会期ごとにすべての作品を入れ替えることで、数多くのアーティストに作品披露、販売の機会を創出、また、来訪者には常に新しい芸術と出会える場を提供します。さらに展示内容と連動したワークショップやイベント、アートファン同士の交流会などを開催。アートを五感で楽しみ体験できる空間です。また、カフェスペースでは、アートに囲まれながらお食事やお飲み物を楽しむことができます。

https://cafe.warehouseofart.org

展示作品及びWHAT CAFEに関するお問い合わせ

寺田倉庫 WHAT CAFEチーム E-MAIL:what_cafe@terrada.co.jp

寺田倉庫

社 名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)
代表者:代表取締役社長 寺田航平
所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:https://www.terrada.co.jp

OTHER NEWS その他のニュース

  • TOP
  • NEWS
  • 寺田倉庫のアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」、 「Exhibition by WHAT CAFE in association with 4 Galleries -CROSSROADS-」展を開催