寺田倉庫のアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」、 「TRiCERA x WHAT CAFE double exhibitions」展を開催

寺田倉庫株式会社(東京都品川区 代表取締役社長:寺田航平)が運営するアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE(ワットカフェ)」は、2021年5月25日(火)から6月19日(土)までの期間、「TRiCERA x WHAT CAFE double exhibitions」展を開催いたします。

WHAT CAFEは、アート業界の未来を担うアーティストの支援を目的とした芸術文化発信施設です。ギャラリーとカフェが融合するアート空間は800㎡におよび、お食事やお飲み物を楽しみながら、アート作品を鑑賞・購入することが可能です。

このたびの展覧会では、グローバルアートマーケットプレイスを通じて世界80か国以上の若手アーティストによる作品を販売する株式会社TRiCERA(トライセラ)とコラボレーションし、TRiCERA、WHAT CAFEがそれぞれテーマのもと、若手アーティストの発掘と支援を目指します。TRiCERAは「SLANGS」と題し、言語における俗語(スラング)のように独自の進化を続けながら、森羅万象・文化・社会問題等を描いた造形作品にフォーカスします。WHAT CAFEは「RE-DISCOVERY」(再発見)をテーマに、日本画の伝統技法と現代的な感性が融合した若手実力派による作品を通じて、日本画の持つ魅力を再発見する機会を創出します。

当社は、美術品保管を主軸に、美術品修復・梱包・輸配送・展示など、芸術家の情熱や美術品に込められた価値を未来に受け継ぐためのサポート事業を広く発展させてまいりました。また、現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT」・画材ラボ「PIGMENT TOKYO」・日本最大のギャラリーコンプレックス「TERRADA ART COMPLEX」などの芸術文化発信施設の運営を通じて、天王洲をアートの一大拠点にするための街づくりに取り組んでおります。WHAT CAFEは今後も、アーティスト・コレクター・ギャラリーなど、現代アートの主たるステークホルダーをはじめ、より広いアートファン層に開かれた展示公開を行うための場を創出し、日本のアート市場の活性化を目指してまいります。

TRiCERA展示「SLANGS」、WHAT CAFE展示「RE-DISCOVERY」ビジュアル

【開催概要】

タ  イ  ト  ル :TRiCERA x WHAT CAFE double exhibitions
サブタイトル:TRiCERA展示「SLANGS」、WHAT CAFE展示「RE-DISCOVERY」
展  示  期  間  :2021年5月25日(火)~6月19日(土)
営  業  時  間 :11:00 ~ 18:00

TRiCERA展示「SLANGS」について
今回の8名のアーティストは自分たちの制作において確固とした視座を持ち、それらをアウトプットするための比類することない独自の、彼ら彼女たちだけの造形表現を持った方々です。その作品に向かい合うことは、まるで異国の言葉を聞いたときのような難しさ、不思議さ、奇妙さを覚えるかもしれません。アーティストの固有の、造形という視覚を通して語られる言葉に、ぜひ耳を傾けてみてください。
出展アーティスト(敬称略・五十音順):
久保晶、佐々木成美、城蛍、團上祐志、古川諒子、馬嘉豪、アハメッド・マナン、丸山太郎

アハメッド・マナン
「夜の雷にスイートポテト」

古川諒子
「No memory, this state」

丸山太郎「出現」

WHAT CAFE展示「RE-DISCOVERY」について
アートフェア等への出展実績のあるアーティストも含めた、将来を有望視される若手実力派の日本画アーティスト8名による約40作品を展示・販売いたします。古来の伝統技法と現代的な感性が融合した作品を通して、「新たな日本画」を再発見する機会を創出します。
出展アーティスト(敬称略・五十音順):
青木志子、木下めいこ、桑原理早、小林明日香、田住真之介、田村幸帆、増田沙織、山田雄貴

山田雄貴「黄彩」

青木志子「あつまれ」

【WHAT CAFEについて】

WHAT CAFEは、日本のアート業界の未来を担うアーティストによる現代アート作品を常時数十点展示しているアートスポットです。会期ごとにすべての作品を入れ替えることで、数多くのアーティストに作品の披露および販売の機会を創出し、来訪者には常に新しいアートと出会える場を提供いたします。また、広く様々なアーティストにとって飛躍の契機となるよう、公式サイトでは出展アーティストの公募も行います(公募による展示については選考を行います)。さらに展示内容と連動したワークショップやイベント、アートファン同士の交流会などを開催。アートを五感で楽しむことができる新しい体験を提供いたします。また、カフェスペースでは、アートに囲まれながらお食事やお飲み物を楽しむことができます。

施   設   名 :WHAT CAFE(ワット カフェ)
事 業 内 容:現代アートの展示・販売、カフェ
所   在   地 :〒140-0002 東京都品川区東品川2-1-11
ア ク セ ス:りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩4分、 東京モノレール 天王洲アイル駅 中央口より徒歩5分
営 業 時 間:11:00 – 18:00(不定休)
Instagram: @whatcafe_terrada
U     R     L:https://cafe.warehouseofart.org

【TRiCERAについて】

東京に本社を置くTRiCERAは、アジア最大級のグローバルアートマーケットプレイスで、アート作品の発掘やオンラインでのアートの収集が行えるプラットフォームを提供しています。TRiCERAのテクノロジーは、世界規模でアートの需要と供給を効果的に結びつけることにより、アート市場全体の成長を可能にします。現時点で17,000以上のアート作品のインベントリーと、80以上の国の2,400以上のパートナーを擁しています。また、登録者全体の80%が海外アーティストとなっております。
社   名:株式会社TRiCERA
代 表 者:代表取締役 井口 泰
所 在 地:〒108-0074 東京都港区高輪3-22-5 SDS高輪ビル
設 立:2018年11月
U R L :https://www.tricera.net

展示作品及びWHAT CAFEに関するお問い合わせ

寺田倉庫 事業開発チームE-MAIL:what_cafe@terrada.co.jp

寺田倉庫

社 名:寺田倉庫株式会社(Warehouse TERRADA)
代表者:代表取締役社長 寺田 航平
所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
設    立:1950年10月
U  R  L:http://www.terrada.co.jp

OTHER NEWS その他のニュース

  • TOP
  • NEWS
  • 寺田倉庫のアートギャラリーカフェ「WHAT CAFE」、 「TRiCERA x WHAT CAFE double exhibitions」展を開催