TERRADA

  • ENGLISH
  • Instagram

LOCATION LIST

back

back

TOP > TERRADA MAGAZINE > WINE > ソムリエの技 VOL.6

TERRADA MAGAZINE

WINE2018.2.9

ソムリエの技 VOL.6

「バレンタインワイン」今年は何にする?

0209

もうすぐバレンタインデー。昨年、このコラムで寺田倉庫専属ソムリエの秦亜吏加が「チョコレートに合うワイン」を提案したが、今年は「ワイン好きの男性」のために、思い切って「ワイン」に特化。夫や恋人には「ふたりで飲みたい、とっておきワイン」、ワイン好きの上司には同僚と一緒に贈る「日頃の感謝が伝わる義理ワイン」など、関係性別に秦亜吏加がご紹介。ぜひ、ワイン好きのための新しいバレンタインのスタイルの参考に!

――バレンタインデーが近づいていますね。男性は、「義理チョコ」でも「心配りがうれしい」と思っている人は多いと思いますが、ワイン好きの男性の中には「ワインの方がうれしい」と思う方もいるかもしれません。そんな方に贈るなら、どんなワインがお勧めでしょうか?
秦 まずは、「相手との関係性」を考えることが大切だと思います。ワインは、一般的にチョコレートより高価なものが多いので、「義理ワイン」として贈ると、そこに「気持ちの重さ」が生まれてきてしまうように思います。ですから、たとえば相手が職場の上司や先輩なら、同僚の女性と一緒に贈るとよいですね。反対に、互いに気持ちが通じ合っている「本命ワイン」なら、自分も一緒に楽しむことを考え、直球勝負でいくのがよいと思います(笑)。

――秦さんなら、「本命ワイン」に何を選びますか? 
秦 ストレートにボルドーの「シャトー・カロン・セギュール」でしょうか。ハートのラベルがあまりにも有名ですが、かつてのシャトー・オーナーであるセギュール侯爵が「わが心カロンにあり」というワインに隠された言葉までも、ひっそり伝えられたら素敵だと思います。また、セカンドラベルの「マルキ・ド・カロン・セギュール」、サードラベルの「サン・テステフ・ド・カロン」もあるので、価格帯で選べるのも魅力です。

――ほかにお勧めは?
秦 花のラベルのワインはいかがでしょう。その花の花言葉を調べて贈るのもいいかもしれません。ちょっと乙女ですが、こんな遊びができるのは「本命ワイン」だからこそと思います。

――では、「義理ワイン」なら? 
秦 もし、終業後にイベントが行える社風なら、おもてなしの心をこめてヴァン・ショー(ホットワイン)をふるまうのはいかがでしょうか? アルコールが飛んでいるので、オフィスで飲んでも罪悪感がありません。チョコレートを添えてもよいですね。さらっと、「3時のお茶」的感覚に行うのがおしゃれな感じがします。

――楽しそうなアイディアですね。でも、もし、それができない場合は?
秦 ハーフサイズの甘口ワインを。ソーテルヌ、バニュルス、ポートなど、甘口ワインが好きという男性は意外に多い。でも、ふだん自分ではあまり買う機会がないので、喜んでくれると思います。バレンタインデーは、近年、社会人にとっては恋愛というより、日ごろの感謝を伝える意味合いが強くなっているように感じられますので、コミュニケーションツールとして、ワインをうまく役立てていただければ嬉しいです。

(インタビュー・安齋 喜美子)

RELATED ARTICLES

TERRADA CONSERVATION LABOR…

美術品を総合的に修復する工房が誕生

  • TENNOZ
  • 2018.5.25

南アフリカワインの魅力とは?

ミカエラ・スタンダーさんに聞く

  • WINE
  • 2018.5.22

「ル・コルビュジエ / チャンディガール展 -創造と…

建築倉庫、リニューアル後初の企画展

  • TENNOZ
  • 2018.5.18

サンテミリオン格付け第一級特別B

「シャトー・ボー・セジュール・ベコ」の誇り

  • WINE
  • 2018.5.15

RECOMMENDED ARTICLES

南アフリカワインの魅力とは?

ミカエラ・スタンダーさんに聞く

  • WINE
  • 2018.5.22

サンテミリオン格付け第一級特別B

「シャトー・ボー・セジュール・ベコ」の誇り

  • WINE
  • 2018.5.15

ロゼ・シャンパーニュの始まり

ルイナールとヴーヴ・クリコの功績

  • WINE
  • 2018.5.8

「グレープリパブリック」の挑戦

山形発ナチュラルワイン

  • WINE
  • 2018.5.1