TERRADA

  • ENGLISH
  • Instagram

LOCATION LIST

back

back

TOP > TERRADA MAGAZINE > TENNOZ > 「みんなの家」を通して考える建築と復興

TERRADA MAGAZINE

TENNOZ2017.9.8

「みんなの家」を通して考える建築と復興

みんなの家展、2017年9月30日(土)まで開催

0908

みんなの家は311日に発生した東日本大震災の被災地で家や仕事を失った人々が、再び立ち上がって新しい生活を回復するための拠点として建てられた施設で、伊東豊雄、妹島和世、山本理顕ら建築家5人が中心となって「帰心の会」を結成し、建築家としてできることを模索するために提唱されたプロジェクトが、「みんなの家」だ。その模型を集めた「みんなの家展」が建築倉庫ミュージアム特設スペースにて930日まで行われている。

「みんなの家」は、「帰心の会」が若い世代の建築家達に呼びかけ、被災各地の仮設住宅団地内や商店街、漁港の周辺に建てられている。そこで住民達の集いの場、子ども達の遊び場、農業や漁業を再興しようとする人々の拠点となっており、文字通り「みんなの家」としての役割を果たしている。東北から始まったこのプロジェクトは、その後昨年発生した熊本地震の被災地にも建設されている。

今回の「みんなの家展」では、「東北みんなの家」と「熊本みんなの家」の模型が展示されている。被災から年月が経過していく中で建築はこれからどのようにあるべきか、作家たちはどのような願いを込めてみんなの家を作ったのか、本展では東北みんなの家、熊本みんなの家の模型を中心に紹介している。

HOME FOR ALL「みんなの家展」
会期:開催中~2017年9月30日(土)
会場:建築倉庫ミュージアム内
   東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫本社ビル1F
時間:11:00-20:00(最終入館19:00)
休館日:月曜(祝日の場合、翌火曜休館)
https://archi-depot.com/news/exhibition/home-for-all

RELATED ARTICLES

「アンディ」が提案する

ベトナム料理&ワインの新マリアージュ

  • WINE
  • 2017.11.24

装飾は流転する

『今』と向きあう7つの方法

  • ART
  • 2017.11.21

ナパヴァレーのワインを気軽に

「ナパヴァレー・バイザグラスフェア」

  • WINE
  • 2017.11.17

「シャトー・メルシャン」140年

進化し続ける日本ワインのリーダー

  • WINE
  • 2017.11.14

RECOMMENDED ARTICLES

アートブックの最前線が集まる「TOKYO ART B…

天王洲寺田倉庫メイン会場:2017年10月5日(木)~10月8日(日)

  • TENNOZ
  • 2017.9.29

Panasonic「レッツノート」を彩る「ehada…

Let's note x PIGMENT 「共創」プロジェクト

  • TENNOZ
  • 2017.9.27

「Asian Art Award 2017 supp…

いよいよ大賞を発表!

  • TENNOZ
  • 2017.9.15