TERRADA

  • ENGLISH
  • Instagram

LOCATION LIST

back

back

TOP > TERRADA MAGAZINE > WINE > 今、気になる「イスラエルワイン」

TERRADA MAGAZINE

WINE2017.3.14

今、気になる「イスラエルワイン」

ニュー・カマーの新鮮な魅力とは?

今、気になる「イスラエルワイン」

イスラエルがワイン生産国であることは、まだあまり知られていない。だが、実は今、ワイン業界においても「イスラエルワイン」が熱い注目を浴びている。

今、気になる「イスラエルワイン」

現在イスラエルには、大きな商業規模のワイナリーが約60軒、「ガレージワイナリー」と呼ばれる小規模ワイナリーが約300軒あり、地中海性気候の恵まれた日照条件と優れたテロワールによって、多様性に富んだワインを産出している。主な産地は、北のガリリー、サマリア、サムソン、ジュディアン・ヒルズ、南のネゲブの5地域。ブドウ品種は、赤はカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロ、シラーなど。白は主にリースリングで、赤白ともに洗練された味わいは、「まさか、イスラエルでこれほどエレガントなワインが造られているとは!」と驚くほど。

ワイン文化の発祥の地である地中海東部に位置するイスラエルは、古くからワイン造りがなされていた国だった。元来「キリストの血」ともいわれるワインは、古代イスラエルの人々にとっては、ごく身近な飲み物であったに違いない。イスラエルのワイン造りは3000年以上続いたが、歴史の中でイスラム勢力の増大により、7世紀に途絶えることとなった。だが、1880年代、シャトー・ラフィットのオーナーであったエドモン・ド・ロートシルト男爵がイスラエルにブドウの樹を植え、フランスのワイン造りの知識を駆使してワイン産業を成功させた。特に、ここ10年の発展は目覚ましく、日本への輸出は量・金額とともに、なんと前年比の二倍となったという。

イスラエルワインで特に興味深いのは、考古学者が古代遺跡の発掘現場から見つかった古代のブドウ「ジャンダリ」や「マラウィ」(ともに白)の種を復活させようという試みがなされていることだ。現在、使用されているブドウは国際品種だが、将来的に「イスラエルの在来品種のワインが登場するのではないか」と期待する声も高まってきた。世界で最も古いワイン産地の「ニューワールドワイン」は、これからますます注目されるに違いない。

(文・安齋 喜美子)

【画像】
©THE ISRAEL EXPORT & INTERNATIONAL COOPERATION INSTITUTE

RELATED ARTICLES

日本人醸造家・小山竜宇氏の挑戦

ワイパラの魅力を世界へ

  • WINE
  • 2017.8.22

音と美術が出合う芸術祭

札幌国際芸術祭2017

  • ART
  • 2017.8.18

ワイン保管も簡単にクラウド管理の時代へ

寺田倉庫がワイン保管のオンラインサービス開始

  • TENNOZ
  • 2017.8.15

「アジア回廊 現代美術展」

アジア3都市のアートが出合う

  • ART
  • 2017.8.11

RECOMMENDED ARTICLES

日本人醸造家・小山竜宇氏の挑戦

ワイパラの魅力を世界へ

  • WINE
  • 2017.8.22

イタリアワインヘの「入口」

「フェウディ・ディ・サングレゴリオ」

  • WINE
  • 2017.8.8

「人生って、まだまだステキ」と思える映画

『ボンジュール、アン』のワインに注目!

  • WINE
  • 2017.7.25

名門・モンダヴィ家の4代目に熱視線!

ニュー・カリフォルニアの最高峰「レイン」

  • WINE
  • 2017.7.18