TERRADA

  • ENGLISH
  • Instagram

LOCATION LIST

back

back

TOP > TERRADA MAGAZINE > EVENT > Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA

TERRADA MAGAZINE

EVENT2017.4.20

Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA

アジアから世界にはばたくアーティストを発掘

Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA

日本やアジアには世界で活躍できるポテンシャルを持つアーティストがいる。そんな次世代を担うアーティストを積極的に支援したいという思いから、現代アートのアワード「Asian Art Award supported by Warehouse TERRADA」は創設された。

このアワードではまず、若手キュレーター5名がそれぞれ5組ずつ、国内を拠点とするアーティストを推薦し、その中から5組のアーティストをファイナリストとして選出する。3月に「アートフェア東京2017」で発表された、今回の5組のファイナリストは谷口暁彦・松川朋奈・山本高之・山城知佳子・contact Gonzoだった。

谷口暁彦は1983年生まれ、メディア・アートなどさまざまな分野で活躍する。1987年生まれの松川朋奈は絵画を通して日常的な風景によって現代人の虚栄心や孤独を示唆する。山本高之は1974年生まれ、子供とのワークショップなどからアートや教育のあり方について探求している。山城知佳子は1976年沖縄生まれ、故郷の問題を映像や写真を通じて表現してきた。2006年に結成されたcontact Gonzoは肉体の衝突を起点にパフォーマンスなどを行っているアーティスト・コレクティブだ。

この5組は本年秋に寺田倉庫アートスペースで新作あるいは準新作を発表、その作品を秋元雄史・東京藝術大学大学美術館館長ら7名の審査員が審査、大賞を決定する。大賞受賞アーティストには賞金、来年1月のシンガポールでの個展、さらに来年3月の「アートフェア東京2018」での個展の機会が提供される。この経過は随時、「Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA」のウェブサイトで掲載される。

将来的には日本だけでなくアジア圏のアーティストも対象に、国際的な芸術賞へと成長させていく予定だ。アジア発の才能を発掘するアワードになることが期待される。

(文・青野 尚子)

「Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA」
主催:一般社団法人 アート東京
特別協賛:寺田倉庫
協賛:Helutrans-Terrada 株式会社
協力:文化庁
http://asianartaward.com

【画像・上】
山城知佳子「土の人」2016

【画像・下】
松川朋奈「でもこれでようやく、私らしくいられるのかなって思ったりもする」2016

Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA

<!--:en-->
<!--:-->

RELATED ARTICLES

VOL.4 ソムリエの技

寿司にワインを合わせるなら?

  • WINE
  • 2017.4.25

ブルゴーニュのリーダー「ポンソ」

世界のピノ・ノワールの「生みの親」

  • WINE
  • 2017.4.21

ブリューゲル「バベルの塔」展

16世紀ネーデルラントの至宝 ‑ボスを超えて‑ 奇想の画家が描く驚異の世界

  • ART
  • 2017.4.14

「シャトー ラグランジュ」の挑戦

ボルドーで輝く日本企業の実力

  • WINE
  • 2017.4.11